TEDxUTokyo 実行委員会様

リレーションの良いところって
作業フローに沿って作り込み
されているところですね

TEDxUTokyo 実行委員会
左から 根本さん、貴田さん、薮井さん、中川さん

TEDxUTokyoは、アメリカ・カリフォルニア州で年に一度、 様々な分野から出演者を招きトークを行う世界的祭典、 コミュニティ・イベントであるTEDと大学がコラボレーションした日本初のTEDxUniversity。
今回、皆さんがどのようにRe:lation (リレーション) を活用しているのか、話を伺いました。

TEDxUTokyoは参加者全員のアイデアが双方向に出せる場

写真

Qまず最初にTEDxUTokyo実行委員会の活動内容について教えていただけますか?

中川さん: 私たちTEDxUTokyo実行委員会は、大学内外の色々な分野をつなぎ、普段の生活では出会えないアイデアを生み出していけるような場作りを目指しています。そのために、年1回400人程度の方が参加するメインイベントを開催したり、より少人数で交流できるTEDxUTokyoSalonといったイベントを年に数回開催したりしています。東大の現役学生にもどんどん自分のアイデアを発信してもらえればと考えているので、学生だけがトークをするイベントも開いています。

いろんな人が交流できる場、アイデアを出し合って促進できる場として、密度の高い少人数イベント、TEDxSalonの開催やTED本部開催イベントをライブストリームしたり、今年(2015年)の9月にはTEDxUTokyoだけでなくTEDxUniversityの全国規模のイベントを行ったり、10月にはサロンイベントを開催したりしています。

中川さん: 僕はTEDxUTokyoを最初に実施した2012年からメンバーとして参加しているのですが、大学に眠っているリソースを掘り起こしたり、学部を超えた交流の場を作ったりすることが必要だよね、ということはずっと変わらず大切にしてきています。

根本さん: NHKのスーパープレゼンテーションが有名なこともあり、 TED・TEDxと聞くとプレゼンテーションをするイベントと思われる方もいらっしゃるのですが、プレゼンをする方・聞く方という一方的な場ではなく、参加者全員がアイデアをお互いに出せる場を提供することが大事だと考えています。そういう意味では関係する色々な方と、イベント時以外にも継続的にやり取りをさせていただくことが必要だと思っています。

リレーションは未対応のメールがすぐ分かるのがいいですね!

写真

Qリレーションはどのような用途でお使いいただいていますか?

中川さん: TEDxUTokyoではスピーカーの方やイベントの参加者様、協賛いただく企業様やスタッフを合わせると全部で600〜700名の方とやり取りをさせていただいています。その中でも特にイベントの参加者の方や、スタッフ募集の時に活用させていただいています。

2015年4月の新歓(スタッフ募集)の時に初めてリレーションを導入したのですが、昨年よりもやり取りがスムーズだったという声をたびたび聞きました。

写真

Qリレーションを使うようになって良かったことは?

中川さん: 昨年まではWebブラウザ版のGmailを使っていたのですが、全部同じ件名なのでどのメールが対応済でどのメールに対応してないのかが分からなくなることがたびたびありました。リレーションは未対応のメールが一発で分かるので良いなと感じています。

他にはラベル機能も嬉しいです。メールを読むのに手一杯ですぐに返信する時間が取れなくても「対応要」「対応不要」といったラベルを付けておけば、後から他の人がラベルを見て返信することができます。チームでメールに対応できるようになりました。

リレーションの「コメント機能」でコミュニケーションが円滑に。

写真

Q他に、リレーションを使うようになって良かったことはありますか?

根本さん: 僕はリレーションの「コメント機能」が好きです。1通のメールに対してコメントできるのが嬉しいですね。一斉に送るメールなどで、メール文面をメンバー同士で意見を出しながら修正する時にとても便利です。

ちょっと全体の話になるのですが、リレーション全体の作りが、作業フローに沿って作られているのでチーム作業がとてもしやすくなりました。メールが来て、それを見て担当者を割り振って、承認依頼と承認機能があって、と抜けていることがないのが素晴らしいです。特に他のメールソフトだと「担当者設定」というフローが実装されていないことが多いのですが、初めてリレーションを見た時にそれがあって「すごい!」と思いました。

リレーションは見てすぐに分かるシステムでした!

Q今後どのようにリレーションを使っていきたいとお考えですか?

中川さん: ちょうど最近リレーションの使い方を貴田さんと薮井くんに説明したところなんです。

貴田さん:色が統一されているのが良いですよね。1日1回はこの緑色の画面を見るようにしたいと思います。

薮井さん: これから使っていって慣れていこうと思います。リレーションの使用画面は見てすぐに分かるようにデザインされているので、PCメールに慣れていない僕も1時間程度で使い方が分かるようになりました。

中川さん: 今までは私がメール対応をほぼしてきたのですが、これからはこの二人にメールを作成してもらいたいと思っています。私は担当者設定と承認だけ、となっていけば嬉しいです。

写真

リレーションの「担当者設定」機能はすごい!

写真

根本さん: リレーションはメールが来て、それを見て担当者を割り振って、承認依頼と承認機能があって、と抜けていることがないのが素晴らしいです。

担当者が決まっていないメールへの対応が遅れてしまいご迷惑をおかけすることが度々あったのですが、 この機能があると「早く何とかしないといけない」メールが分かるのでそういうことも少なくなると思います。

リレーションとTEDxUTokyo、顔の見える関係で共に進化。

写真

QTEDxUTokyoのみなさんからいただくリレーションへのアイデアやコメントは大変ありがたく、リレーションのバージョンアップに活かさせていただいています。

中川さん: 顔の見える関係で使わせていただいていることがとても嬉しいです。 使っているサービスの開発者の方と直接お会いしてお話しできるという機会を学生の間にさせていただけるのはとてもありがたいと思っています。

根本さん: 細かいことでも一つ一つ真摯に対応していただいていること、レスポンスがしっかりしていること、リレーションのサービスの作り方など、私たちもイベントを作って行く上で見習うべきことが多いなと感じています。

本日はありがとうございました。今後ともリレーションをよろしくお願いいたします。

  • image

    週10件程発生してた
    ミスがゼロになりました!

    株式会社はぐくみプラス様

    「たまごリピート」と「Gmail」複数名で問合せメールを管理していましたが、「返信被り」「名前間違い等の送信ミス」「終わりの目処が立たない」といった課題がありました。Re:lationを導入すると、メール仕分けの時間が削減され、ミスを無くすことができました。今後はスタッフ全員で質を上げ、顧客満足度向上につなげたいと思います。

    image

    携帯メールオプションで
    メール到達率が100%に!

    株式会社ハーバーリンクスジャパン様

    今まで共有のIDでログインしてメール対応をしていたのですが、 同じお問合せに対して複数人が同時に処理をしてしまうなどの問題がありました。リレーションを導入すると、週に3~4回あった対応漏れがゼロになりました。携帯アドレスにも確実に届くようになったので、お客様からメールが届いていないという問合せもなくなりました。

    image

    100万通を超えるメール
    移行も簡単でした!

    株式会社レッドビジョン様

    実は他社も検討していて、実際テストアカウントも発行してもらって比較テストをしました。その結果、使い勝手や画面の見やすさでRe:lationに決めました。 導入すると、メール対応業務にかかる時間が短縮され、業務効率が上がりました!Gmailなど普通のメールで業務されている企業には絶対にオススメです。

  • image

    パソコンが苦手な
    スタッフでも1週間で覚えられた!

    えそらフォレスト株式会社様

    導入前はたまごリピートとGmailを利用して2人で問合せのメール対応を行っていましたが、「メールの優先順位付けができない」「振り分けできない」「履歴を探すのが大変」といった課題がありました。他に比べたシステムもありましたが、比べればRe:lationが一番良いシステムであることは誰もがわかると思います。選ばない理由はないですよ!

    image

    ミスがなくなり、スタッフの
    対応の質も均一化できた!

    株式会社magicnumber様

    これまでは無料のメールシステムを使っていたので、わざわざ有料にする価値があるのか?と思っていましたが、トライアルを使っているうちに「これは絶対に変えるべきだ!」と思いました。むしろ、使わない選択肢がありませんでしたね。メールを対応する人が2~3名を超えるのであれば、是非Re:lationをおすすめしたいですね!

    image

    外出中でも安心してメール
    対応を任せられるように!

    株式会社ルナ様

    Re:lationを導入すると、私が外出しておりスタッフに口頭で説明できない時でも、スムーズに指示ができるようになった時に変化を実感しています。 なので、スタッフに任せながらも顧客対応の質を上げることが出来ました。「携帯にもメールが送れる」という点でRe:lationはおすすめだと思います!

  • image

    全員でファンを作る
    顧客対応ができるように!

    グレースラボ株式会社様

    当時、顧客対応において「業務効率が悪い」「ミスや漏れによるクレーム」といった課題がありました。導入すると、「生産性アップ!」「全体的な顧客対応のレベルアップ!」「ミスがなくなった!」といった効果がありました。
    Re:lationは不要な機能がないのでシンプルに使えるところが良いですね!

    image

    外注先に任せても、ミスなく
    確実な顧客対応が出来るように!

    株式会社MEJ様

    コールセンターを強化する際に、メール対応も任せたいと考えていました。そんな時Re:lationを知ったのですが、同業他社で売上が伸びている通販企業が使っていたのと、たまごリピートとの連携を期待して決めました。使ってみての感想は「めちゃくちゃオススメしたいメール共有システムです」

    image

    定期通販にとって顧客対応は
    優良顧客を育てる場所

    クルーズカンパニー株式会社様

    Re:lationを使い始めたばかりですが、一番は、UIがシンプルで見やすい・使いやすいという事が気にいってます。例えば、未対応のメールの一覧の画面で、件名や本文の一部が見やすいので、どのメールを優先的に対応すべきか?というのもすぐに判別がつきます。他にも「上司への承認機能」などもドンドン使うようになりました。