MediaCallsとの連携の設定

ご注意

  • この連携はスタンダードプラン以上の標準機能のため、
    ライトプランの場合、外部システム連携オプション(有料)のお申込みが必要です。
    ※一部のプランではご利用いただけません。
    詳しくは support@ingage.jp までお問い合わせください
  • 連携には別途MediaCalls側でのカスタマイズや費用が発生する場合があります。
    詳細は事前にサービス提供元にご確認をお願いします。

Re:lationとMediaCallsを連携することで着信の際、MediaCallsからRe:lationのタイムライン画面を呼び出すことが可能です。
外部システム連携の設定の詳細については 外部システム連携を設定するには を参照ください。

下記の設定を順にします。

MediaCalls連携設定

  1. MediaCalls管理画面の[コールセンター設定」から、[エージェント設定]を選択します。Re:lationを連携させたいエージェントを選択し、[コールイベント連携]の項目をクリックしてコールイベント連携設定画面を開きます。
  2. [コールイベント連携設定]画面より、[外着着信時連携種別]プルダウンから[ブラウザ連携]を選択します。
  3. [コールイベント連携設定]画面より、[外着着信時連携先]に下記のパラメータ情報を入力します。
    パラメータ情報を入力後、[設定]-[更新]-[保存]の順にボタンを押下し、設定を適用させます。

    https://ドメイン.relationapp.jp/timeline?message_box_id=(*)&tel=${ani}

    例)https://demo.relationapp.jp/timeline?message_box_id=1&tel=${ani}

  • ドメインとは、下記キャプチャ内で指している「.relationapp.jp」前の部分となります。
  • (*)には受信箱のIDを入れます。受信箱IDの確認方法はこちら
    ※呼び出せる受信箱はひとつのみです。
  • 補足

  • 着信時連携の表示については、MediaCallsの各エージェント毎で設定の変更が可能です。
  • MediaCallsの設定画面上でユーザー毎にRe:lationのタイムラインを「表示させる」「表示させない」を選択することが出来ます。
  • この記事は役に立ちましたか?