フレーズをエクスポート/インポートするには(CSV形式)

フレーズはCSVファイルでエクスポート/インポートすることができます。
これにより、一括でフレーズの修正や登録ができます。

ご注意

  • フレーズのエクスポートには[管理者]の権限が必要です。

フレーズのCSVファイルをエクスポートするには

CSVファイルをエクスポートすると簡単にフレーズの一括修正ができます。
フレーズのエクスポート手順は次の通りです。

      1. 画面右上のギアアイコンより [フレーズ設定] を選択してください。
      2. フレーズ設定の画面に変わります。エクスポートのアイコンをクリックします。
        ※管理者にしか表示されません。
      3. 確認のダイアログが表示されますので内容に問題なければ[OK]をクリックします。
        ※HTML形式で整形した情報は出力されずTXT形式のみでエクスポートされるため、HTML形式を維持したまま編集したい場合は、フレーズ設定画面から編集してください。

    CSVファイルがダウンロードされます。
    これでエクスポート完了です。

    フレーズのCSVファイルをインポートするには

    CSVファイルをインポートすると簡単にフレーズの一括登録ができます。
    フレーズへのインポート手順は次の通りです。

      1. 画面右上のギアアイコンより [フレーズ設定] を選択してください。
      2. フレーズ設定の画面に変わります。インポートのアイコンをクリックします。
        ※管理者にしか表示されません。
      3. 作成したCSVファイルをドラッグもしくは、[ファイルを選択する]をクリックしファイルを選択します。
        ※インポート時、CSVファイルの「ID」が同じものは上書きされます。
        ※上書き時、HTML形式はCSVファイルの「本文(TXT形式)」の内容が適用されます。
         インポート前のHTML形式の書式情報等は失われますのでご注意下さい。

  1. 該当の文字コードを選択し、CSVファイルの最初の行がヘッダー行の場合はチェックを入れて[インポート]をクリック
    • Re:lationからエクスポートされたファイルの文字コードは「UTF-8」となります
    • インポート前に既存の設定を全削除したい場合、「インポート前にフレーズ設定を削除する」にチェックを入れてインポートしてください。

5.インポートに成功すると五十音順で表示します。
※カテゴリ名、フレーズ名の前に数字をつけると、数字順に表示させることができます。

これでインポート完了です。

インポートにあたってのヒントと注意

インポートするデータを作成する際に、以下の部分にご注意ください。

「新規登録時」、または「インポート前にフレーズ設定を削除する」にチェックを入れた場合
⇒ 新規登録時や既に登録済みのフレーズを削除して登録する場合には、
  CSVファイル内のIDを空欄にしてからアップロードしてください。
  IDが入っている場合はエラーとなり、インポートが完了しません。

エラーが表示される場合

CSVファイル内にエラーを発見した場合は、下記のような注意が表示されすべてのデータが読み込まれません。エラーメッセージにはエラー内容が記載されているので確認して修正をしてください。

フレーズのCSVファイルの項目

項目 備考
ID
  • 新規で登録したい場合:「ID」は未入力にしてください。
  • フレーズの更新をしたい場合:予めエクスポートして「ID」を合わせてください。(IDを元に更新するため)
  • 存在しないIDを入力した場合:エラーとなりインポートできません。
カテゴリ名 ※入力必須
フレーズ名 ※入力必須
本文  

この記事は役に立ちましたか?