外部システム内でRe:lationのタイムラインを呼び出すには

Posted by Tsuyuki on 2020年9月17日 in ニュース

ご注意

  • 本マニュアルはRe:lationの設定画面となります。
  • 外部システムの設定方法は外部システム提供元にお問い合わせください。
  • 外部システム内でタイムラインを表示する機能は限られた連携先でのみ可能です。
    詳しくはsupport@ingage.jpまでお問い合わせください。

外部システム内でRe:lationのタイムラインを呼び出すには下記のように設定してください。

設定方法

  1. Re:lation画面右上のギアアイコンより、[メッセージ環境設定]を選択します。
  2. [外部システム連携設定]より、「タイムライン画面埋込先ドメイン(FQDN)」の右側にある鉛筆アイコンを選択します。
  3. 外部システムより提供されたタイムライン画面埋込先ドメイン(FQDN)を入力し、[保存]します。
    ※タイムライン画面埋込先URLはFQDNを設定ください

これで外部システム内でRe:lationのタイムラインを呼び出すための設定は完了です。

この記事は役に立ちましたか?