アドレス帳の仕様変更について

Posted by IzumiSawako on 2020年9月24日 in マニュアル

(2020年9月25日更新)

この度Re:lationでは、さらなる利便性向上のためアドレス帳の仕様変更を行うことになりました。
以下ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

変更の目的

現在のアドレス帳の仕様では、メールアドレスのみで顧客情報を特定することができません。
顧客を特定するためには顧客コードの登録が必要となっています。
今後はメールアドレスで顧客情報を特定できるよう、メールアドレスは顧客コード同様ユニークな項目に変更を行うこととなりました。
また、この仕様変更はアドレス帳インポート時の利便性向上につながります。

現在のアドレス帳の仕様

  • 同一メールアドレスを複数の顧客情報として登録可能
  • 例)
    顧客A:support@ingage.jp
    顧客B:support@ingage.jp

  • アドレス帳インポート時にメールアドレスをキーに更新不可(顧客コードでの更新は可能)
  • インポート時のデータに顧客コードが空欄であった場合、
    同一メールアドレスの情報をインポートする際は顧客情報の更新はされず、
    追加登録されます。

変更内容

  • 同一メールアドレスの重複登録不可
  • 複数の顧客情報で同一メールアドレスの登録は出来なくなります。
    例)
    顧客A:support@ingage.jp
    顧客Bにはsupport@ingage.jpでは登録不可

  • アドレス帳インポート時にメールアドレスをキーに更新可能(顧客コードでの更新は引き続き可能)
  • インポート時のデータに顧客コードが空欄であっても、同一メールアドレスの場合顧客情報の更新が行われます。

変更スケジュール

今後以下のスケジュールで変更を予定しております。

日程 変更内容
2020年10月9日(金) 同一メールアドレスの重複登録禁止
2020年10月30日(金) メールアドレスをキーに顧客情報の更新可能
2020年10月30日(金) 現在重複しているデータの削除

※ご注意

  • 10月9日時点では新規追加時の重複登録が不可になりますが、既存のデータの削除は行われません。
  • 10月9日時点ではインポート時にメールアドレスをキーとした顧客情報の更新は行われず、同一メールアドレスをインポートする場合エラーとなり登録が出来ません。
  • 10月30日には現在重複登録されているデータは最新更新日の顧客情報一つのみを残し削除となります。
  • アドレス帳APIを使用している場合でも、上記変更が適用されます。

ご対応いただきたいこと

下記ご対応をお願いいたします。

  1. 現在重複登録されているデータの確認
  2. 複数の顧客情報で同一メールアドレスの登録がされているか否かの確認をお願いいたします。
    重複登録の確認方法
    ①Re:lation画面右上のギアアイコンより[アドレス帳]を選択
    ②[重複メールアドレスをエクスポートする]より重複データの確認

    ③エクスポートしたファイルにはメールアドレスと、重複件数(顧客情報の数)が表示されます。
    ※重複登録されていない場合、エクスポートしたデータは空欄となります。

  3. 名寄せ作業
  4. 10月30日には、重複登録されているデータは最新更新日の顧客情報一つのみを残し削除します。
    そのため削除作業は不要です。
    ただし同一メールアドレスで複数の顧客とのやり取りがあり、ご自身で顧客情報の統合が必要な場合、適宜ご対応をお願いいたします。
    例えば同一メールアドレスで別の方とやり取りがある旨を記載する場合、特記事項などに記載されることをお勧めします。

※ご注意

  • アドレス帳は受信箱単位になりますので、受信箱毎の対応が必要です。
  • 重複メールアドレスのエクスポートを行うには、管理者権限が必要です。

お問い合わせ先

本件に関してのご不明点は株式会社インゲージ サポート担当までお問い合わせください。
お問い合わせは、メール(support@ingage.jp)またはRe:lation画面右上の[?]アイコンよりチャットにて行っていただけます。