Microsoft Exchange Online(Office 365)での設定例(POP3による受信)

Posted by Tsuyuki on 2020年11月5日 in ニュース

ご注意

  • 設定には受信箱の[管理者]の権限が必要です。
  • Microsoft Exchange Online(Office 365)にてPOPが出来る状態にしておく必要があります。
  • このマニュアルでは以下についてまとめています。

  • Microsoft Exchange Online(Office 365)のPOP3受信設定をするには
  • Microsoft Exchange Online(Office 365)アカウントのパスワードを変更した場合
  • すでにRe:lationでMicrosoft Exchange Online(Office 365)のPOP3設定がある場合
  • Re:lationでPOP3の設定をする

    1. Re:lation右上のギアアイコンより、[メール設定]を選択します。
    2. [受信メール設定]より、+アイコンをクリックします。
    3. Exchange Online(Office 365)を選択します。
    4. [認証ユーザ名]と[受信サーバのメールについて]を入力し、[認証]を選択します。
      認証ユーザ名はMicrosoft Exchange Online(Office 365)アカウントのメールアドレスとなります。
      受信サーバのメールについては、指定の期間が経過するとMicrosoft Exchange Online(Office 365)のサーバからメールが削除されます。
    5. Microsoft Exchange Online(Office 365)のサインイン画面に遷移するので、Re:lationで使用したいアカウントを選択します。
    6.     

    7. Re:lationにアクセスを許可するか尋ねられるので、[承諾]をします。

    8. Office 365のアイコンが表示されれば、設定完了です。

      ※ご注意:Microsoft Exchange Online(Office 365)のパスワードを変更した場合、再認証する必要があります。

    Microsoft Exchange Online(Office 365)のパスワードを変更した場合

    Microsoft Exchange Online(Office 365)アカウントのパスワードを変更した場合、認証も無効となるため再認証が必要となります。

    1. [受信メール設定]より、該当のMicrosoft Exchange Online(Office 365)POP3サーバ設定のメニューアイコンから[再認証する]を選択します。

    2. [認証ユーザ名]と[受信サーバのメールについて]を入力し、[認証]を選択します。
      認証ユーザ名はMicrosoft Exchange Online(Office 365)アカウントのメールアドレスとなります。
      受信サーバのメールについては、指定の期間が経過するとMicrosoft Exchange Online(Office 365)のサーバからメールが削除されます。
    3. Office365のアイコンが表示されれば、再認証完了です。

      すでにMicrosoft Exchange Online(Office 365)のPOP3設定がある場合

      すでにRe:lationにてPOP3設定をされていた場合、設定を削除します。

    1. Office 365POP3サーバのメニューアイコンより、[削除する]を選択します。
      ※「outlook.office365.com」と表示されているのが従来のMicrosoft Exchange Online(Office 365)POP3サーバです。
    2. 以上で削除は完了です。

    この記事は役に立ちましたか?