ユーザを追加・編集・削除するには

Posted by support on 2016年6月8日 in マニュアル, Re:lation

ご注意

ユーザの追加・編集・削除は、アカウントオーナーのみ可能です。

こちらでは以下項目を説明しています。

  • ユーザの追加をするには
  • ユーザの権限を変更するには
  • ユーザをアカウントオーナーにするには
  • ユーザの編集・削除をするには
  • ユーザのロックを解除するには
  • ユーザの追加をするには

    1. 画面右上ログインアイコンより、[システム設定]を選択します。

      または画面右上ギアアイコンより[システム設定]を選択します。
    2. [システム設定]より[ユーザ] を選択し[使用中]の右横にある+アイコンをクリック
    3. ユーザ作成画面にて「姓」「名」「メールアドレス」「メールアドレス(確認)」を入力し、[保存] をクリックしてください。

      ※「部署名」と「社員番号」は任意です。
      ※「メンション名」はコメントでユーザに通知する際の@から始まる任意の値です。
      ※IPアドレス制限を有効にしている場合、デフォルトで「IPアドレス制限を有効にする」にチェックが入ります。
      (ライトプランの場合、IPアドレス制限は有料オプションとなり別途お申し込みが必要です。)
      ただしアカウントオーナーに設定した場合は、IPアドレス制限対象外となるためチェックを入れることはできません。
      ※アカウントオーナーとして設定したい場合は「アカウントオーナーとして設定する」にチェックを入れます。
      ※モバイルアプリを利用される場合は「モバイルアプリでのログインを有効にする」にチェックを入れます。(ご利用にはiPhoneアプリオプション(有料)のお申込みが必要です。)
      ※インゲージとのサポートチャットを許可する場合は「インゲージとのサポートチャットを有効にする」にチェックを入れます。許可されたユーザには右上に[?]アイコンが表示されます。

    4. 「ユーザ」画面では[登録待ち]に先ほど作成したユーザーが表示されます。
    5. 登録したユーザ宛てにRe:lationより「パスワード設定メール」が届きます。
      ユーザ側で、メールの手順に沿ってパスワードを設定するとRe:lationにログインできるようになります。
      touroku_mail

    ユーザの権限を変更するには

    ユーザの権限を変更するには、2つの方法があります。

    ご注意

  • 追加した新規ユーザは全員共有の受信箱(初めに作成されている受信箱)では[アシスタント]権限、その他の受信箱は[権限なし]になっています。
  • [権限なし]の場合、受信箱が表示されず閲覧できません。
  • 全員共有の受信箱は[権限なし]に変更できません。
    1. 受信箱ごとに変更するには

    2. Re:lation右上のログインアイコンより、[システム設定]-[受信箱]を選択します。
    3. 権限を変更したい受信箱で、ユーザを任意の権限にドラッグ&ドロップすると権限の設定ができます。

      ユーザごとに変更するには

    1. Re:lation右上のログインアイコンより、[システム設定]-[ユーザ]を選択します。
    2. 権限を変更したいユーザのメニューアイコンから[権限編集]を選択します。
    3. 受信箱毎のユーザ権限をクリックで選択し、保存します。

    ユーザをアカウントオーナーにするには

    アカウントオーナーは複数設定可能なので、予め複数設定されることをお勧めします。

    1. Re:lation右上のログインアイコンより、[システム設定]-[ユーザ]を選択します。
    2. アカウントオーナーとしたいユーザの メニューアイコンから[編集]を選択します。
    3. [アカウントオーナーとして設定する]にチェックを入れ、[保存]をします。
    4. これでアカウントオーナーの設定が完了です。

      ユーザの編集・削除をするには

      ユーザ名等は編集ができます。
      なお不要になったユーザは削除ができます。削除することにより、登録ユーザ数にはカウントされなくなります。

      ユーザを編集・削除をする前に

      ユーザ名を編集すると今までの担当者名は全て置き換わります。
      ユーザを削除しても過去の履歴が消えることはありません。担当者設定もそのままとなります。
      ただし削除済ユーザの担当者名で検索をすることはできなくなり、削除済ユーザが担当者設定されているチケットに新規メールを受信した場合も
      担当者設定は削除済ユーザのままとなります。
      そのためユーザを削除される前に重要なチケットの担当者は別の担当者に設定し直しておくことをお勧めします。

      ユーザを編集・削除するには

    1. Re:lation右上のログインアイコンより、[システム設定]-[ユーザ]を選択します。
    2. 作成したユーザを編集したい場合は、右上のメニューアイコンをクリックし [編集する] を選択してください。
      また削除したい場合は [削除する] を選択してください。
      ユーザの編集1

    ユーザを元に戻すには

    1. 一旦削除したユーザを再度使用したい場合は、右上の [メニューアイコン] をクリックし [元に戻す] を選択してください。
      ユーザの編集2

    ユーザのロックを解除するには

    パスワードを5回間違えるとアカウントはロックされてしまいます。
    アカウントオーナーであればロックの解除ができます。
    ※注意アカウントオーナーは自身のアカウントロックを解除できません。
    予めアカウントオーナーは複数設定されることをお勧めします。

    ユーザをアカウントオーナーにするには

    ロックの解除方法は以下の通りです。

    1. Re:lation右上のログインアイコンより、[システム設定]-[ユーザ]を選択します。
    2. [ロック中]にいるユーザのメニューアイコンより、[元に戻す]を選択します。
    3. [使用中]ユーザとして元に戻ります。

    この記事は役に立ちましたか?