送信メール設定 – Gmail・Google Workspace(旧 G Suite)

Posted by IzumiSawako on 2019年10月10日 in マニュアル, Re:lation

ご注意

設定には受信箱の[管理者]の権限が必要です。

このマニュアルでは以下についてまとめています。

GmailやGoogle Workspaceで送信をするには

Re:lationからGmailやGoogle Workspaceの送信サーバを使用して送信を行う場合、以下の方法で設定をします。

  1. 右上にあるギアアイコンより [メール設定] を選択します。
  2. 「送信メール設定」を選択し右の+アイコンをクリックします。
  3. Google Workspace(Gmail)のアイコンを選択します。
  4. Googleのログイン画面に遷移するので、Re:lationで使用したいアカウントを選択します。
  5. Re:lationにアクセスを許可するか尋ねられるので、[許可]をします。
    ※「完全な削除」ができると記載されていますが、実際にはRe:lation上でGoogle Workspace内のメールデータの完全削除はできませんのでご安心ください。
  6. 送信メール設定にGoogleのアイコンが表示されれば、設定は完了です。
    これでGoogle Workspaceから送信ができるようになります。

    ※ご注意:Google Workspace(Gmail)のパスワードを変更した場合、上記手順(1~6までの手順)でGoogleのログイン画面から認証し直す必要があります。

送信名を変更する

    1. 最初に設定される送信名は、Googleアカウントに設定されている名前が入ります。
    1. 変更する場合は以下の通りです。
  1. スリードットメニューアイコンより、[編集する]を選択します。
  2. 編集ダイアログが開くので、「送信名」を変更し[保存]をします。

Google Workspace(Gmail)のパスワードを変更した場合

Google Workspace(Gmail)のパスワードを変更した場合、OAuth認証も無効となるため再認証が必要となります。

    1. [送信メール設定]より、該当のGoogle Workspace(Gmail)送信設定のメニューアイコンから[再認証する]を選択します。
    2. 該当のGoogleアカウントを選択します。
    3. Re:lationにアクセスを許可するか尋ねられるので、[許可]をし、完了です。

Google Workspaceのグループアドレスで運用する場合

グループアドレスで運用する場合以下の手順で行います。

    1. まずマニュアルに沿って認証を行います。Gmail・Google Workspaceで送信する設定について
    2. 送信メールアドレスや送信名は、認証を行ったアカウントになるので、グループアドレスに変更します。
      今認証をしたメールアカウントのメニューアイコンより、[編集する]を選択します。
    3. 送信メールアドレスと送信名をグループアドレスのものに変更し、[保存]します。
    4. [保存]すると送信メールアドレスと送信名がグループアドレスに変更されます。

認証で使用したアカウントにグループアドレスを追加する

認証で使用したアカウントにグループアドレスが追加されていなければ、送信メールアドレスを変更してもGoogle Workspaceの仕様によりFromは認証したアカウントに置き換わってしまいます。
そのため認証で使用したアカウントでグループアドレスを追加し、送信できるように変更しておきます。

  1. 認証で使用したGoogle Workspaceアカウントの[設定]を選択
  2. [アカウント]より、[他のメールアドレスを追加]を選択します。
  3. グループアドレスのメールアドレスと送信名を入力し、[次のステップ]を選択します。
  4. 確認メールの送信をします。
  5. グループアドレス宛にメールが届くので、メール内のリンクより確認をするか、メール内にある確認コードを入力します。
  6. グループアドレスが追加されていれば設定は完了です。

すでにGoogle Workspace(Gmail)のSMTP送信設定がある場合

すでにRe:lationにGoogle Workspace(Gmail)のSMTP送信設定をされていた場合、設定の削除が必要です。

既存のSMTP設定を削除する

  1. GmailSMTP送信サーバのスリードットメニューアイコンより、[削除する]を選択します。
    「smtp.gmail.com:465 」と表示されているのが従来のGoogle Workspace(Gmail)SMTP送信サーバです。

「安全性の低いアプリの許可」を無効にする

これまでは「安全性の低いアプリの許可」を有効にしなければ、Re:lationでGoogle Workspace(Gmail)のSMTP送信設定をすることができませんでした。
しかし、このマニュアルの手順でGoogleアカウントにログインをし、設定をされれば「安全性の低いアプリの許可」は必要ありません。
より安全な環境でご利用いただくために、これまで「安全性の低いアプリの許可」を有効にしていた場合こちらを[無効]にすることをお勧めします。

  1. Google アカウントで [安全性の低いアプリのアクセス] の項目に移動します。ログインが必要となる場合があります。
  2. 「安全性の低いアプリの許可」を[無効]にします。

デフォルトのサーバについて

送信したいメールアドレスが複数ある場合は、それぞれのメールサーバ全てを設定してください。
その際に、デフォルトで選択したいメールサーバを設定することもできます。
緑色のラベルがついているサーバがデフォルトのサーバーとなり、メール新規作成時にはデフォルトのサーバが選択されます。

この記事は役に立ちましたか?