G Suiteのポリシー変更に伴うRe:lationの対応について

Posted by IzumiSawako on 2020年2月4日 in マニュアル

(2020年2月20日更新)

この度Google社より、G Suiteにおいて安全性の低いアプリによるG Suiteアカウントへの接続を無効化すると発表がありました。

参考(G Suiteアップデートブログ)
安全性の低いアプリによる G Suite アカウントへの接続が無効に

これによりユーザー名とパスワードで認証する方式が廃止され、OAuthという最新のより安全な認証方式に対応しているアプリのみにG Suiteの使用が制限されます。

Re:lationでの影響について

2021年2月16日以降、G Suiteのユーザ名とパスワードを使用したSMTP送信設定およびPOP3受信設定が利用できなくなります。

対象となる方

G Suiteを使用されており、Re:lationにSMTP送信設定およびPOP3受信設定をされている方
※転送受信には影響ありません。

Re:lationの対応について

Google社の推奨する、OAuthという最新のより安全な認証方式に対応いたします。

スケジュール

日程 状況
2020年2月4日 Re:lationの機能について現在Google社による確認待ち
2020年2月20日 Re:lationにてOAuth認証が正式に開始済
2021年2月16日以降 安全性の低いアプリへの接続はすべての G Suite アカウントで無効化

ご対応いただきたいこと

下記マニュアルに沿って設定変更をお願いします。
送信メール設定 – Gmail・G Suite
Gmail, G Suite(Google Apps)での設定例(POP3による受信)
現在Re:lationにてG SuiteアカウントのSMTP送信設定、POP受信設定をされている方は2021年2月16日までに、上記方法にて設定変更をお願いします。

お問い合わせ先

本件に関してのご不明点は株式会社インゲージ サポート担当までお問い合わせください。
お問い合わせは、メール(support@ingage.jp)またはRe:lation画面右上の[?]アイコンよりチャットにて行っていただけます。

なおG Suiteの仕様につきましてはGoogle社にお問い合わせをお願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?