メールと応対メモのデータをエクスポートするには

Posted by IzumiSawako on 2020年3月6日 in マニュアル

ご注意

エクスポートには[管理者]の権限が必要です。

データをエクスポートするには

メールと応対メモのデータをCSV形式でエクスポートすることができます。
エクスポート手順は次の通りです。

  1. Re:lation右上のギアアイコンより、[メッセージ環境設定]を選択します。
  2. [メッセージ環境設定]のメニューより、[エクスポート]を選択します。
  3. メニューアイコンより[新しい条件でエクスポートする]を選択します。
  4. エクスポートのダイアログが開くので、エクスポートしたい条件を設定します。
    期間(最大3ヵ月)・チャネル(メールか応対メモ)・ステータス・ラベルが指定できます。
    対応完了のメールデータのみ、保留にある応対メモのみなど条件で絞ることができます。
    条件が指定できたら、[エクスポート]します。
  5. 「メッセージのエクスポートを開始しました」となります。
    データ量によっては時間がかかる場合があります。この間他の作業をされていても問題ありません。
  6. エクスポートが完了すると左下にお知らせが出ます。[確認する]を選択するとエクスポート画面に遷移できます。
  7. エクスポート画面にて[ダウンロード]アイコンを選択すると、CSVファイルがダウンロードできます。
    ※zipファイル形式で保存されます。ダウンロード期限は3日間です。

エクスポートできる項目について

メールをCSVファイルにエクスポートできます。
区切り文字は 半角カンマ(,) です。
文字コードは UTF-8 です。
1行目はヘッダとして項目名が出力されます。
出力項目は以下のとおりです。

  メール 応対メモ
種類
メッセージID
チケットID
ステータス
送受信区分
From
(お客さま名)
To
Cc
Bcc
メール日付
件名
本文
ラベル
チケット分類
コメント
担当者
送信者
作成開始時刻
作成時間(秒) – 編集画面を開いている時間の合計
承認依頼時刻
承認時刻
返信元メッセージID
返信元送信日付
返信元受信日付
応対時間(分)
応対種別
応対日時