CloudGate UNOとのSAML連携設定をするには

Posted by Tsuyuki on 2020年4月10日 in Re:lation, マニュアル

ご注意

  • ご利用には事前にシングルサインオンオプション(SAML2.0)のお申込みが必要です。
    オプションのお申込みは、サポートチャットまたはsales@ingage.jpまでご連絡ください。
  • 設定するには、[アカウントオーナー]の権限が必要です。

設定はRe:lationとCloudGate UNOにて行います。
ここでは、Re:lationへの設定について詳細をまとめています。
CloudGate UNOへの設定については、CloudGate UNO HelpCenterへお問い合わせください。

Re:lationにIDプロバイダ情報を設定する

  1. IDプロバイダ情報はCloudGate UNOで確認します。管理者サイトにアクセスし、左メニュー[設定]-[アイデンティティプロバイダー]にて確認します。下記キャプチャを参考にコピーしてください。
  2. Re:lation画面右上のユーザアイコン-[システム設定]-[SAML設定]-鉛筆アイコンを選択します。
  3. モードを選択し、キャプチャを参考に「IdP識別子」「ログインURL」「証明書」の入力をし、[保存]します。
    ※モードは設定完了するまでは、[移行モード](SAMLとID/パスワードのいずれでもログインが可能)にすることをおすすめします。

    これで、Re:lationへの設定は完了です。

この記事は役に立ちましたか?

Tags: ,