監査ログを確認するには

Posted by Ryoko on 2020年6月5日 in マニュアル

監査ログでは、外部へのアクセスや設定変更時に行われる処理を確認できます。
ラベルの取り外しや担当者設定などの操作確認はできません。

 

ご注意

  • 標準機能とオプション機能(有料)があります。
  • オプション機能を利用するにはお申込みが必要です。
    サポートチャットまたはsales@ingage.jpまでご連絡ください。
  • アカウントオーナのみ閲覧可能です。
  • フリープランではご利用できません。
  • 2020年6月5日からのログが取得可能です。

閲覧したい期間を指定しエクスポートし、ダウンロードしたファイルにて監査ログを確認することができます。

監査ログをエクスポートするには

  1. 画面右上のアイコンより、[システム設定]を選択します。

    または画面右上ギアアイコンより[システム設定]を選択します。
  2. [システム設定]より[監査ログ] を選択します。

  3. 日時・ユーザ・受信箱の指定が可能です。
    標準機能では直近7日間のみ、オプション機能では直近1年間の期間指定が可能です。
  4. 画面右上の[CSVエクスポート]を選択します。
  5. 確認画面が出るので、条件が適切であればOKをクリックします。
  6. エクスポートが完了するとRe:lation画面左下にメッセージが表示されます。
  7. 画面右側のダウンロードアイコンよりダウンロードができます。ダウンロードの有効期限は3日間です。

CSV形式のファイルが取得できるので、このファイル上で監査ログを確認できます。

この記事は役に立ちましたか?