Re:lationが
LINE機能に対応

メール・電話・Twitter・LINEをグループで共有・管理できます。しかも同じ画面で。

メールもLINEも
これひとつの画面で

お客様をファンにさせます LINEでの問い合わせが急増中

メール・電話以上に、LINEをコミュニケーションの手段に選ぶ消費者が増えています。
実際に74%のユーザーがLINEで問い合わせができない店舗よりも
できる店舗をよく利用するというアンケート結果が出ています。(2018年LINE調べ)

問い合わせ対応の良し悪しは顧客満足度にダイレクトに影響します。
LINE経由の問い合わせを受け付ける企業・ショップが増えています。

お客様のメリット

時間や場所を気にしなくてよい

メールよりもチャット形式で気軽に質問できる

いつも使っているLINEなので操作が楽

電話と違って緊張しなくて済む

やりとりが文字で残るので後で見返せる

お客様のメリット

店舗・企業のメリット

LINEでのメルマガはメールに比べ開封率5倍

スマートフォンからのサイト閲覧が増えている

LINEで繋がることでリアルタイムに販促・PRができる

メールを見ない人・電話に出ない人に連絡ができる

チャット形式だからより顧客に向き合える

店舗・企業のメリット

Re:lationならLINEも同じ画面で
共有・管理できます!

  • 管理画面がバラバラだと使い方を覚えるのが大変…
    お悩み1

    管理画面がバラバラだと使い方を覚えるのが大変…

    メール・Twitter・電話・LINEの全てが同じ画面で使える

    「LINEでの顧客対応も始めたいけど、メールと別管理では困る」 、こんな悩みもRe:lationが解決。同じ画面・同じ操作で顧客対応が行えます。

    全てが同じ画面で使える
  • メールに電話・Twitter・LINE…履歴がバラバラで調べるのが大変…
    お悩み2

    メールに電話・Twitter・LINE…履歴がバラバラで調べるのが大変…

    メール・電話・Twitter・LINE 同一顧客の対応履歴を時系列で確認できる

    メールやLINEなど問い合わせ経路が違っても同じ顧客とのやりとりは時系列(タイムライン)で表示します。他のスタッフが対応した内容も一目でわかるので引き継ぎも楽々です。

    同一顧客の対応履歴を時系列で確認できる
  • 問い合わせ対応の処理状況がわかりにくい…
    お悩み3

    問い合わせ対応の処理状況がわかりにくい…

    ステータスで管理ができるので対応漏れゼロ

    Re:lationでは問い合わせの状況に応じて「未対応・保留・対応完了・対応不要」の4つのステータスに振り分けて管理します。問い合わせは新規・返信に関わらず、対応がまだなら「未対応」に入ります。対応が終われば「対応完了」となります。そのため「対応を忘れてた!」ということが起こりません。

    ステータスで管理ができるので対応漏れゼロ

メールもLINEも同じ画面で向き合える