ペルソナマーケティングとは?唯一無二の強いプロダクトを作るには

セールス, マーケティング

ペルソナとは、わかりやすく言えばターゲットとなるモデルユーザーのことです。

具体的なペルソナを設定することで、ターゲットのイメージをチーム内で共有しやすくなり、この人に向けて商品を売るにはどうしたらいいか?といったことが具体的に話しやすくなるため、マーケティングの手法としてよく好まれています。

より解像度の高いペルソナを設定し、ターゲットを明確にすることで商品力の向上に活かしたり、マーケティングの精度を高めることができます。

より具体的なペルソナマーケティングについて紹介していきたいと思います。

ペルソナマーケティングとは

例えば、より感度の高い男性向けの洗顔・化粧品を販売したいとします。

さて、どんなターゲットを思い浮かべますか??

この時点で、「感度の高い」・「男性向け」・「化粧品」というキーワードはありますが、具体的なイメージはそれぞれで思い浮かべているものがあってもバラバラだと思います。

ターゲットが20代なのか、30代なのか。学生なのか、社会人なのか。ふだんオシャレを気にしている男性か、これからオシャレになりたい男性か、都市部に住む男性か、地方在住の男性か。

など、具体的な情報を設定していくことで、ターゲットのイメージをリアルなものにしていきます。

ペルソナを作成するのに、よく使われるのがペルソナ設計シートと呼ばれるものです。

ペルソナ設計シートに記載する内容とは?

ペルソナを設定する際には、具体的に名前や年齢、性別、住所、家族構成、仕事内容、職種、趣味など基本情報まで細かく設定します。

そうした基本情報をもとに、心理的な傾向・購買傾向・情報収集傾向などを詳細に分析し、設計していきます。

心理的な傾向は、例えば、趣味やこだわり、データに基づき合理的に考える傾向にある、直感的に良いと思ったものを選ぶ、好奇心がある、といったものや、最近の悩み、課題、不安などといったものなども含まれます。

購買動向は、良く行くお店、好きなブランド・ファッション、良く行くエリア・旅先、支出の多い娯楽、などが挙げられます。

情報収集傾向では、よく見るサイト、アプリ、よく使っているデバイス、よく見るテレビや雑誌、新聞、よく使うコミュニケーションツールなどです。

こうした情報をシートに細かく入力し、その情報をチームで共有します。

そして、その人の一日の行動やストーリーを作ります。そうすることで、ターゲットとするペルソナの具体的でリアルな行動パターンが見えてきます。

ペルソナマーケティングが重要視される理由

ペルソナマーケティングが重要視される理由

ペルソナマーケティングは、マーケティングの手法としてメジャーなものとして支持されています。

特に、近年は、商品のコンセプト・企画段階から、「支持されるストーリー」があることが重要視されています。

分かりやすい例が「バルミューダ」の扇風機です。バルミューダのサイトでは、商品ごとにストーリーが作られており、ペルソナとしてるターゲットへの訴求が明確化されています。

機能がいい、安い、デザインがいい、それだけをただ謳うのは簡単ですが、自分の生活のなかでなぜそれが必要なのか、なぜ欲しくなるのか、それを突き詰めて深く考えることができるのが、ペルソナマーケティングです。

そうしてこだわって商品企画~販売戦略、プロモーションに至るまで、徹底的にペルソナのためのプロダクトを作ることで、唯一無二の強いサービス・プロダクトになります。

ペルソナ設定シートなどは、インターネットで探せばいくつも事例は出てきます。ぜひそれらを参考に、一度自社製品の解像度の高いペルソナを設定してみてください。そこから見える自社の強み、弱みなども分析し、きっと次の販売戦略に活かすことができると思います。

カスタマーサクセスをつくるインゲージのRe:lationを体験!
20日間無料で基本的な機能をすべて試すことができます。

Re:lationはお客様とのコミュニケーションの質を高めるクラウドサービスです。
チームでメールやSNSを共有し一元管理することでお客様との対話を効率的に質の高いものにします。
多くのお客様とのコミュニケーションを大切にでき、チーム力も高めることが可能なカスタマーサクセスを提供します。

資料請求
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

おすすめ記事

  • 登録されている記事はございません。